1.前職での仕事内容と転職したきっかけ

前職では、日本司法支援センター(法テラス)のスタッフ弁護士として、主に都市部に居住する資力の乏しい方々を対象とした法的サービスの提供、地域包括支援センター等の関係諸機関との連携、一般の方々を対象とした法律セミナーの開催等、通常の弁護士としての業務からスタッフ弁護士ならではの業務まで幅広く対応していました。

法テラスのスタッフ弁護士は、通常の弁護士事務所で1年間養成を受けた後、全国の法テラス法律事務所に赴任します。幸いなことに、養成先の弁護士事務所でも赴任先の法テラス法律事務所でも先輩や同僚、事務局の方々に恵まれ、弁護士として数多くの経験と学びを得ることができました。
もっとも、法テラスのスタッフ弁護士は、基本的には全てのトラブル・依頼者に1人で向き合い、判断し、解決まで導くことを求められます。そのため、ご相談やご依頼を頂く皆様に、弁護士として、あるいは人間として、何らかの「価値」を提供できるような経験値と人間力を身に付けられる場に身を置きたいと思うようになったのが、転職を考えたきっかけです。

2.入所に前に心配だったところ、またその心配は入所後どうだったか

弁護士としての経験値を上げるためには、1人1人の依頼者、1件1件の事件に丁寧に取り組みながら、先輩や同僚からも知見を得て独りよがりな事件処理にならないよう意識して取り組む必要があります。また、人間力を磨くためには、さまざまな人と話し、自分の世界を広げていく必要があります。そのため、転職先に選ぶ基準として一番重視していたのが、人間関係、いわゆる“風通しのよさ”でした。
入所を決めた時点では代表としか面談しておらず、事務所内の雰囲気をつかめないまま決断してしまったので、この点は非常に心配していました。しかし、弊所は“お喋り好き”な先生が多く、質問を投げかけても色んな所で最良の解決を生み出そうとしてくれるので、この心配はすぐに払拭されました。

3.現在の仕事内容とやりがい

現在は、個人のご相談者・ご依頼者の方を中心に、主に、離婚や相続、お子さんの問題といった家事事件、パワーハラスメントや性的被害を理由とした損害賠償事件などに取り組んでいます。また、民事信託に関するセミナーを開催し、本を出版したことをきっかけに、個人・法人の資産を未来にどのように残していくかという観点から相続・事業承継の分野にも着目し、力を入れ始めています。
ご相談者・ご依頼者の方々も非常に多岐にわたっていて、人生の先輩としても日々教えてもらうことが多いです。弁護士としてさまざまな方の人生に関わってお手伝いをさせて頂き、最後に感謝の言葉を頂戴したときは、やはりやりがいを感じます。

4.丸の内ソレイユ法律事務所の魅力

弊所の魅力は、なんといっても“いい先生”が多い、ということだと思います。
後輩が困っていたら必ず声をかけてくれる先生や、忙しくても質問を投げると一緒に考えてくれる先生、雑談好きな先生が本当に多いと思います。

5.今後チャレンジしたいこと

弁護士5年目という1つの節目の時期なので、今後、弁護士として、あるいは人として、どういうキャリアプラン、人生プランを描いていきたいかを現在検討中です。
弁護士業務では、国境をまたぐ渉外案件や、資産承継に関する相続・事業承継案件は、引き続き力を入れて取り組んでいきたいです。また、現在担当している事件で医師の先生方と関わりを持たせて頂くことが非常に多いので、医療分野の法的問題にも精通していきたいと考えています。

6.応募を考えている方へメッセージ

弊所の雰囲気や良さは、実際に来て見て感じて頂くことで初めて伝わるのかなと思います。とにかく“この先生と話してみたいな”と思ったら、ぜひ応募して、私たちに会いに来てください。

Copyright © SOLEIL RECRUITING All Rights Reserved.