1.丸の内ソレイユとの出会いと入所理由

2歳の時の両親の離婚をきっかけとして、自らのルーツを探るべく離婚に携わる弁護士を目指してきました。そのため、離婚弁護士として弁護士人生を始めるに当たって、離婚の案件数が多い事務所を探そうと考えました。そこで、東京三会の合同説明会に参加し、離婚で有名な法律事務所を探してみたところ、丸の内ソレイユが見つかりました。合同説明会における代表のスピーチや、周囲におられた弁護士の先生方の雰囲気が良かったので入所を決めました。

2.入所に前に心配だったところ、またその心配は入所後どうだったか

入所前から、離婚を数多く経験しつつ、離婚以外の案件も経験したいと考えていました。離婚については予想していたよりも数多くの案件を担当させていただけたので、弁護士を目指した目的は概ね達成できました。離婚以外の案件についても、予想以上に数多く担当させていただきました。事務所内の人間関係や雰囲気は心配していませんでしたし、現在に至るまで嫌な思いをしたことが一度もありません。

3.現在の仕事内容とやりがい

基本的には離婚案件が多くを占めますが、その他にも自分が望んだ分野の案件を担当させていただける環境があります。他事務所の同期の弁護士と比較して、離婚分野についてはやはり卓越しており、他の分野についても一般的な案件であれば遜色ないレベルにはあると思います。自らの成長に伴い、依頼者の方の喜ぶ顔や賛辞に直接触れられることがやりがいになっています。

4.丸の内ソレイユ法律事務所の魅力

自分のなりたいように成長できる環境が魅力的だと思います。丸の内ソレイユで2年間働けば、ほぼ全ての類型の離婚案件を経験できると感じます。また、中里代表の仕事への姿勢や弁護士像が魅力的だと思います。最後まであきらめない姿勢や、引き際のタイミング等、弁護士の伝統芸ともいえる部分は、やはりベテランで実績を積んできた方からしか学べないと思います。その意味で、弁護士としての基礎力をしっかり身につけることができる事務所です。

5.今後チャレンジしたいこと

まずは、経験の幅を広げ、自分に足りないものを着実に身に着けていきたいと思います。それから、幼い頃から宇宙にとても興味があるため、宇宙法ビジネスに何らかの形で携わりたいと思っています。また、音楽系の著作権にも携わっていきたいと思います。特に、これから成長していくロックバンド専属の顧問弁護士になりたいなどとも考えています。

6.応募を考えている方へメッセージ

丸の内ソレイユは離婚とヘルス&ビューティーに注力していることもあり、まずは離婚分野に取り組んでみようという姿勢は重要だと思います。ベースになるところはどの案件でも基本的には変わりません。もちろん、積極的に求めれば注力分野以外の多様な案件を経験できます。また、事務所の取扱分野以外で興味を持った分野があれば、独自に開拓するための活動をすることも、これからの弁護士には必要な素養だと思います。

Copyright © SOLEIL RECRUITING All Rights Reserved.